仮想通貨バブルはいつまで?終わりは近いの?

2017年は、仮想通貨元年と仮想通貨取引所ビットフライヤーが提唱したように、仮想通貨の価値が爆発的に上昇し、所得が億単位で稼ぐことのできた億り人と呼ばれる人達が多く誕生しました。

寝ている間にどんどん資産が増えていくという夢のような仮想通貨バブルと言われています。

2018年はどうなのでしょうか?

仮想通貨バブルはもう終わってしまったのでしょうか?

仮想通貨バブルについて検証してみました。

仮想通貨バブルをこう見ます

2018年の現状

2018年も半分が終わりましたね。

2018年の半分は仮想通貨事情で言えば良くないニュースが多く、その度に下落、暴落が多かった印象があります。

2017年の暴騰は仮想通貨バブルだったんだねと騒動が収まり改めて振り返るとそうだったのかなぁというのがほとんど
の解釈となります。

2017年のビットコインが220万円まで上がり、2018年は60万円代まで落ち込みました。

この数値で判断すると、いわゆる仮想通貨バブルはもう終わりで、仮想通貨でもう大きく荒稼ぎはできないのではないか、このまま下落が続き自分の保有している仮想通貨が無価値になるんじゃなかろうかとか。

現状ネガティブな意見も多いので不安を感じるかもしれません。

しかしですね。歴史は繰り返すんですね。

昔ばなしをしますね。

2013年20万円だったビットコインが120万円まで高騰し、2014年には45万まで下落、2015年5月には28万まで下がりました。

この時もやっぱり仮想通貨バブルは終わりだ、仮想通貨はもう終わりだというネガティブな意見がたくさん蔓延しました。

ところが仮想通貨まだ終わってませんよね。

2017年にバブルやってきましたね。

高騰の後の下落で衝撃を受けた後は、最低金額が以前より上がって現存している。

たくましいですね。ビットコイン。

周りの心配をよそに成長しているビットコイン。

しかも現在はビットコインだけではありません。

アルトコインもどんどん技術がすすんでいます。

ビットコインを追い越すであろうとさえ言われています。

ということなので、仮想通貨が終わったとおもうのは気が早いんじゃないかと私は思っています。

今年は膿だしの年かな?いろいろ不安材料かまでてきますね仮想通貨

2018年下げ相場が多いのは仮想通貨に関する良くない出来事が多くあります。

コインチェックのネム盗難事件やUSDT問題、法整備をするためのさまざまな仮想通貨規制。

解決したと思ったらまた別の良くないニュースが流されるの繰り返しですよね。

こうした不安材料も仮想通貨市場が大きくなり、たくさんの億り人を排出し、話題性があがればまた価格が上昇します。

2017年から始まった仮想通貨バブルは終わったかもしれませんが、仮想通貨は終わっていません。まだまだこれからです。

2018年の下落の原因の1つに2017年仮想通貨バブルの時にコインチェックがタレントの出川哲郎さんを起用したCMを連日流し、仮想通貨は儲かると一斉に新規参入者が殺到しました。

いわゆる出川世代と呼ばれる人達です。

億り人達の寝ている間にお金がどんどん増えていく、仮想通貨で人生が変わったなど景気のいい話がたくさん流されました。

そんな話しを聞けば俺も私も仮想通貨始めるよってなりますよね。

そうした出川世代の参入で当時の仮想通貨を行っている人たちの人口が2倍になったと言われています。

しかし、現在の下落トレンドで出川世代の大半は仮想通貨から撤退してしまいました。

儲からないと分かれば当然辞めてしまいます。

おかね儲けしたくて始めましたからね。

仮想通貨を始める人が減れば、当然相場も廃れてしまいます。

抜けた出川世代分の損失を補う大口取引をできる人なんて個人では恐らく無理でしょうし。

なので2018年は2017年程の爆発的な上昇は厳しいと思います。

それでも仮想通貨はなくならない

2017年の仮想通貨バブルの話しが強烈だったので今は全くダメな印象なのですが。

今の下落相場でも、安い時に買い高い時に売るロングポジションでしっかりと売買ができ利益確定ができます。

しかも今は軒並み仮想通貨の価値が下がり、たくさん買い増しをすることができるので、はっきり言って買い時なんです。

いずれ仮想通貨の価値が上昇してから慌てて買い漁るよりも今のうちに買っておくのがベストだと思っています。

でも爆上がりがないから、買ってもしょうがないじゃんと思うかもしれませんが仮想通貨の相場がまたドカンと爆上がりする時が確実に来ますよ。

googleやヤフー、ライン、エーベックスといった誰でも知ってる大手が仮想通貨業界に参入してきます。

googleやヤフーが自社の取引所のPRを始めれば、自社のサービスとの連携は必ずあります。

決済を仮想通貨でできたり、カードなどのポイント付与、ほかにも様々な特典がつけられた業務活動は容易に想像できます。

大手が盛んに仮想通貨のPRをすれば、仮想通貨が怪しいという風潮もなくなります。

仮想通貨とは何かというのをわかりやすく説明したりとネットでは散々説明されていますが、大手がそのことを説明すれば、効果のほどは皆さんも身を持って体験されてますよね。

人によっては大好きなあの会社のサービスだから問答無用で始めますよ、なんてこともありえます。

2018年はまだ厳しいかもですが、大手の取引所の活動が確立される2019年には、仮想通貨バブル期待できそうですよね。

出川世代参入の2017年よりも、もっどもっとたくさんの新規参入者が望めます。

そうして、始めた人達の口コミで仮想通貨は楽しい。儲かると話しが広がれば、彼等の友人、知人達も参入しちゃったりするでしょう。

楽観的な未来予想図ですかね?

規模の差はあってもこんな未来はきっときますよ。

私達が当たり前のように持っているスマホやパソコンも最初はあまりよい扱いではなかったです。

でも。スマホもパソコンも今では、無いのが考えられないくらい当たり前の存在になってますよね。

仮想通貨はインターネット以来の偉大な発明だとも言われています。

このまま終わるなんてありえません。

仮想通貨をしてるのが生活の一部なんてこともありうると思います。

現在の仮想通貨は投機としての対象が強いのですが、近いうちにブロックチェーンの技術自体の実用化があちらこちらで本格的に運用されていきます。

この技術はブロックチェーンのなになに、リップルの送金技術が使われていると言った話しが当たり前のように聞かれる時代が必ずきます。

有識者達が語る夢物語のような話しもブロックチェーンの技術を上手く応用できれば、可能になってくるのではないかと期待がもてます。

ブロックチェーンの技術が世の中をどんどん便利にしていってくれます。

投機の対象から、仮想通貨の技術に投資という本来の流れになっていくんじゃないかなっておもいます。

次の仮想通貨バブルがいつ来るのか楽しみでしょうがありません。

来たるべき仮想通貨バブルのために、せっせと気になる仮想通貨を買いまししています。

皆さんも次の仮想通貨バブルでおいしい思いを味わいつくしましょう。

早く来い来い仮想通貨バブル!

うんと。大きなバブル到来でお願いします。

それでは皆さん。ごきげんよう。


 

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

おすすめの記事