仮想通貨はいっぱいあるけど、何を買えばいいんだろう?

よく分からないから、とりあえずビットコインは買ってるけど…

仮想通貨の時価総額1位で初めて作られた仮想通貨の始祖ビットコイン。

絶対王者として今も君臨していますが、ビットコインの送金速度は、限界がありリップルのようにビットコインよりも速く送金を行える通貨も数多く誕生しています。

知名度だけではいつまでも王者の座を守り続けることはできません。

そうした状況を反映するように、以前はビットコインの価格が上昇すればアルトコインも追随して価格上昇という流れが多かったのですが、今はアルトコインのみが価格上昇することも多くなってきています。

ビットコインを追い越そうと、しのぎを削っているアルトコインの数は1500種類以上あると言われています。

そんなアルトコインの中から2018年に上昇すると思われる、おすすめのアルトコインをピックアップしてみました。

2018年上がる仮想通貨はこれと予想

ビットコインに最も近い位置にイーサリアム

おすすめの仮想通貨まずは時価総額2位のイーサリアムをご紹介します。

ビットコインと同様イーサリアムという単語もよく聞く名前ではないでしょうか?

イーサリアムの創始者である、ヴィタリック、ブテリン氏がビットコインの欠点を補う為にイーサリアムを作ったと語っているだけあって様々な工夫がされています。

そんなイーサリアムの最大の特徴にスマートコントラストがあります。

スマートコントラストは賢い契約という意味なのですが、通常の契約ではその契約が正しいと証明する第三者機関が必要なのですが、スマートコントラストは、例えば1が2に1000円入金すれば、2が1に1イーサ(イーサリアムの単位はイーサと呼ばれています)を渡すといった契約とデータの保存を自動で行ってくれます。

不正が行えないブロックチェーンの技術で行われるスマートコントラストは、第三者がなくても契約が行え効率がよいのです。

この特性は、新しい資金調達法として注目されているICOを行うのに適しています。

ICOを行うにはイーサリアムが必要なので、ICOが盛んになれば、当然イーサリアムの需要も伸びます。

更にゲームアプリでイーサリアムが効率的に増やすことのできるゲームも続々と誕生しており、そのどれもが人気があり、今後ますます盛んになっていく分野で期待されています。

こうした流れは、イーサリアムの取引がますます盛んになります。

さらにイーサリアムの性能が良くなるアップデートが大きく分けて4段階ありますが、まだ3段階の途中で、バージョンアップのたびにイーサリアムの価格が上昇しています

イーサリアムの価格の予想

今後ますます、イーサリアムの需要は高まっていきます。

それでイーサリアムの価格予想を1イーサ10万円と予測しました。

予測なので絶対ではありませんが、今より価値は上昇すると私は思っています。

アルトコインを代表する通貨と呼んでもよいイーサリアム今後に期待です。

こちらも期待大リップル

次におすすめするアルトコインは、時価総額3位のリップルです。

リップルは2017年1月が1リップル0.6円だったのが同年12月は140円代とおよそ200倍にまで高騰したアルトコインです。

2018年はそこまでの上昇は見込めないと思います。

じゃあリップルの時代は終わったのでしょうか?

いやリップルは、むしろこれからなんじゃないかと思っています。

その理由をこれから説明しますね。

リップルのここがすごい

リップルは非中央集権を信条とする仮想通貨の中で運営会社が存在する中央集権的な要素の強い通貨です。

やはりリップルもビットコインを意識して作られた仮想通貨であります。

送金するスピードがビットコインが30分程かかるのに対し、リップルは数秒で終わってしまいます。

しかも毎秒3000件もの取引の処理も行なえます。

この数字は充分実用化できるレベルなんです。

そうした経緯からあのグーグルが出資をしたり、バンクオブアメリカや、日本の三菱UFJ銀行、中央銀行のイングランド銀行等100を超える大手銀行、中央銀行がリップルの送金実験に参加しています。

そして、この送金実験で良い結果を出し、本格的にリップルが運用されるとなると、1000億枚が発行上限のリップルでは、世界中の送金を1リップルで行なうには1リップルの価値が高くならなくては世界中の送金を賄えません。

100兆円の送金をする為には1リップル1000円のレートにならなければなりません。

本格的にリップルが運用されれば、すぐに1リップル1000円の時代がやってくるでしょう。

2018年の1リップルは150円と予想します。

もう終わったと烙印を押されもしたが

2018年のおすすめの通貨は、ネムです。

ネムと聞くと不信感を持たれる方もいるかと思われます。

コインチェックから約580億円ものネムがハッカーに盗まれてしまったコインチェック事件。

それまで100円代だったネムが一気に暴落してしまったのは、記憶に新しいところですが。

決してネムのセキュリティが弱かったからではありません。

中国の非営利サイバーセキュリティセンターが仮想通貨の安全性を調査しましたが、その中の数値で低い程安全と言われた脆弱性数値が0.28と全く問題性がない数値をネムは算出されました。

こうした事から風評被害の恐ろしさが伺えます。

コインチェック事件でネムの価値が大幅に下がりましたからね。

ネムを管理していた取引所の管理体制に問題があっただけなのですから。

そんなネムはカタパルトと呼ばれるアップデートをまだ全て済ませていません。

2018年中に行われるカタパルトが成功すると、1秒間に4000件もの取引を処理することが可能となります。

クレッジットカードと同じ処理速度になります。

不当な評価を受けて、実際よりも低い価値をつけられてしまったネムですが、コインチェック事件の騒動が落ち着き存在価値が見直されてきています。

それからコインチェックが操業再開をし、評価を上げればネムの評価も上がるはずです。

まだまだ爆上げの期待があるネム。

こちらも今後に期待です。

2018年は、1ゼム(ネムの通貨単位はゼムです)150円と予測します。

まだまだこれから仮想通貨

下落が続くともう仮想通貨はダメだ。

終わったという話がよくでます。

しかし、仮想通貨バブルと言われた2017年もそうした仮想通貨終わった論は囁かれている場面もありました。

しかし、結果は現在も市場は閉ざされることなく、仮想通貨売買は行われています。

長い目で見ると右肩上がりの仮想通貨です。

アルトコインの技術発展が目覚ましい昨今、そこは盲点だったと驚きのシステムを内装したアルトコインも続々と誕生してきます。

こうした技術の発展は否が応でもやってくる時代の流れでもあります。

余剰資金で海外の取引所の口座開設をして、草コインに投資して億り人を目指すのもありだと思います。

仮想通貨の技術が様々な分野で応用されますます、世の中が便利になっていくことでしょう。

今後が楽しみですね。

あなたのお気に入りの仮想通貨が価値が上がることを祈っております。


 

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

おすすめの記事